日本救急撮影技師認定機構は,構成・支援する団体の連携により,統一した基準の下に救急放射線診療に関わる技術者の認定を行い,地域や時間を問わず実施される救急診療において,安定して最適な画像情報を提供し,かつ安全性を担保する知識・技術を普及させることによって国民の保健衛生の向上と,社会の発展に寄与することを目的とします.
 救急放射線技術メーリングリストのお知らせ
日本救急撮影技師認定機構は,認定制度を通じて救急医療に関わる放射線技術をより高め,速やかに広める活動を行っております.
このメーリングリストにより,救急診療および救急放射線技術の情報を共有し,新たな救急放射線技術が導きだされ,救急患者様の診療に役立つことを願っております. 新規の加入申し込みは こちら ←
 Facebook「救急撮影認定技師のお部屋」のお知らせfb
 日本救急撮影技師認定機構では,Facebookをご使用の方々にむけて,
「救急撮影認定技師のお部屋」をご用意しました.日常の業務についてや,ちょっと気になったこと,ちょっと相談したいことなどお気軽にご使用いただけたらと思っております.もちろん認定技師の方,これから目指そうと思われる方,まだ検討中の方などどなたでも結構です.この道のプロたちのつぶやきをお聞き下さい.
 
Facebookのアカウントを持ち,登録を希望される方は北海道大学の笹木様に連絡して下さい.  こちら ←
 
 ポータブル撮影時のトラブル一覧アップのお知らせ
 facebookページ「救急撮影認定技師のお部屋」で寄せられましたご意見などを, 一覧にしてアップいたしました.参考にしてください.
 
 認定ポイントについてのお知らせ
日本救急撮影技師認定機構では,認定試験および更新に向けた各種の自己研鑽活動を認定および更新ポイント(以下 認定ポイント)として認めています.認定ポイントに関する情報は,認定制度についてをご覧ください.
日本救急撮影技師認定機構では,各地で研究会を開催される団体もしくは救急医療に関わる内容の研究会・講習会を認定ポイントを付与する対象としています.
認定ポイントの対象となるための申請を広く受け付けています.申請書はこちら
 
 機構FAQ
 当機構の認定制度や各種活動に関するFAQを作成いたしました.不明な点がある方は一度ご覧いただき確認ください.
1.申請資格,2.更新資格,3.実地研修,4.必要な知識を記述しています.
                            広報委員会
 
新着情報
 
 
うちの救急
第4回 国立病院機構水戸医療センター
     
第3回 大垣市民病院
     
第2回 藤沢市民病院
     救命救急センター
第1回 済生会横浜市東部病院
     救命救急センター
 あなたの施設を見学させてください
紹介施設を募集します
調査・研究活動
救急医療における頸椎(ネック)カラー装着患者に対するMRI検査の検討 1,April,2013
救急放射線技術に関連したOFF THE JOB TRAININGのありかたWG 1,April,2013
救急診療における一般撮影の撮影条件と画像処理に関する検討バックボードによる影響1,April,2013
救急領域における読影の補助のあり方に関する調査
1,April,2013
救急撮影時のCT,MRIにおける撮影条件に関する調査WG  1,April,2012
救急診療における一般撮影の撮影条件と画像処理に関する検討WG-胸部編- 1,April,2012
救急医療における技師業務および運用実態調査WG
1,April,2012
救急医療における放射線診療室等の環境整備WG
18,August,2010
災害時放射線機器・システムの検討WG
18,August,2010
救急画像診断に関する標準教材データベースの開発・研究WG  11,August,2010
救急診療における一般撮影の撮影条件と画像処理に関する検討WG  1,October,2010
救急撮影技術データベースの構築WG
1,April,2011
〒598-8577
大阪府泉佐野市りんくう往来北2-23
  独立行政法人りんくう総合医療センター
  大阪府泉州救命救急センター内
日本救急撮影技師認定機構事務局
office@jert.info